整骨院ONLINE相談

睡眠・栄養・運動で健康な身体をつくる

膝の下が出っ張るオスグッド | スポーツをしている学生に起こりやすい原因と治し方

f:id:fukuokacafe:20180128204938p:image

 

サッカーバスケをしている学生に多いオスグッド


オスグッドは成長痛とも言われますが、成長と共に痛みはなくなるのでしょうか?


スポーツをしている学生にとって、成長して痛みがなくなるまで待つということは難しいことでしょう。


また、膝の下の骨がどんどん大きく出っ張ってきて気になる学生もいると思います。


オスグッドは、触れただけでも痛みます。


私自身も小学生から高校生までサッカーをしていて


オスグッドで辛い思いを経験したので今回は、


オスグッドになりやすい原因治し方について解説し再発防止のストレッチをお伝えします。


痛みを治すだけだと、また繰り返すのがオスグッドの特徴です。


痛みを繰り返さなくて良いようにしっかり予防をしましょう。

 

 

オスグッドとは?

 f:id:fukuokacafe:20180128205010j:image


膝(お皿)の下のスネの骨が痛くなることをいいます。

 

正式には、オスグッド・シュラッター病といいます。


主にサッカーバスケバレーボールをやっている学生になりやすくどれも膝を良く使う競技です。


ボールを蹴る動作や膝の屈伸運動ジャンプターンなどの動作が多いと膝を痛めてしまう原因となります。

 

オスグッドになる原因

オスグッドで膝を痛めてしまう1番の原因は、


太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)の緊張によるものがほとんどです。

 

f:id:fukuokacafe:20180128205039j:image

 

この筋肉は膝を伸ばすときにはたらく筋肉なので、


蹴る、ジャンプ、ダッシュという動作のときに使います。


この筋肉が緊張し硬くなると、


大腿四頭筋付着部の脛骨粗面(膝の下の骨)が引っ張られます。

 

引っ張られ続けると骨膜が剥がされ炎症を起こし痛みがでます。


これを繰り返されると、外から見たときに骨が膨隆してみえます。

 

大腿四頭筋が硬くなる3つの理由

①過度な運動

小学生から中学生に、中学生から高校生になると練習内容練習量が変わります。


そのときに負荷をかけすぎたりオーバーワークすると大腿四頭筋が硬くなります。


レギュラー争いで他の子が休んでるときに練習をしたりするので練習量は増えますが怪我せずスポーツを続けるためにも適度な休息も必要です。


また成長期なので、骨の成長と筋肉の発達のバランスが崩れることも原因の一つです。

 

②ストレッチ・アイシング・テーピングなどの予防不足

筋肉は使用すると疲労が溜まり硬くなります。


それをそのままにしておくと緊張状態が続き、筋肉の伸び縮みの動きが悪くなります。


膝の下の出っ張る部分に繰り返し負荷をかけるとどんどん出っ張りが大きくなり痛みも強くなります。

 

f:id:fukuokacafe:20180128205119j:image


あまりに骨の膨隆がひどいと外科的に骨を削る手術

 

骨が剥がれて遊離している場合は、骨を摘出する手術を行わなければいけなくなります。

 

③身体のバランスの崩れ

オスグッドで来院される学生の多くが片足の痛みで両足オスグッドの学生は少ないです。


スポーツ特有のフォームや利き手利き足があり片方に偏ります。


すると身体の軸がずれていたり、


左右のバランスが崩れていると負担のかかり方が左右で変わってきます。


負担が多くかかる方はそのまま疲労してしまい、


反対の方はそれをかばって過度に緊張してきたりします。


身体のバランスを整え膝にかかる負担を減らすことがオスグッドの痛みを治しそして再発防止になります。

 

治し方

・太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)を緩める

 

・膝のお皿の靭帯(膝蓋靭帯)を緩める

 

・太ももとスネの骨の歪みを調整する

 

・膝関節の動きを良くする

 

・練習後はアイシングする

 

・テーピングやサポーターで保護する

 

オスグッドのサポーターはこれがおすすめです。

 

サポーターで膝蓋靭帯を圧迫することで、


骨の出っ張り部分への筋肉での牽引力を減らし炎症を抑えることができます。


再発防止のためのストレッチ

 

f:id:fukuokacafe:20180128205145g:image


オスグッドにならないようにするためには、日頃のストレッチが必要不可欠です。

 

太ももと前(大腿四頭筋)のストレッチを徹底して行なって下さい。


練習前、練習後は当然ですが練習中の待ち時間でも行うと良いでしょう。

 

学生という限られた時間を怪我で休むことなく思いっきりスポーツに打ち込んでください。

 

スポーツでの怪我でお悩みの方はご相談ください

 

ご相談はこちら