整骨院ONLINE相談

睡眠・栄養・運動で健康な身体をつくる

足の親指の変形、外反母趾の種類と原因

f:id:fukuokacafe:20171014095130j:image

 

ハイヒールの靴や先が細く尖った靴を履く人に多くみられる外反母趾

 

このことから外反拇指は女性に多いイメージです。

 


外反母趾の原因とはいったい何でしょう?


なぜ足の親指が曲がってしまうのでしょうか?

 

今回は、外反拇指の5つの種類原因に絞って解説します。

 

外反母趾とは

 

足の親指が人差し指側に曲がってしまって、親指の付け根部分の骨が外側に出てしまっているものをいいます。

 

外反母趾の5つの種類

・靭帯性外反母趾


・仮骨性外反母趾


・混合性外反母趾


・ハンマートウ性外反母趾


・病変性外反母趾

 

靭帯性外反母趾

f:id:fukuokacafe:20171014095121p:image

 

足先を支えている靭帯が緩んでしまい足の親指が大きく曲がっている状態を言います。

 

【原因】

 

これは、赤ちゃんの頃から靴下を履かせれていたり、

 

歩くようになって靴を履いて平らで安全な所ばかり歩くことが多いと、

 

足の裏が危険を察知して身体を守ろうとする働きが十分に発達しません。


その結果、足指の筋力不足になり足先を支えている靭帯が緩んでしまうことで発症します。

 

この靭帯が緩んでいる状態で歩いていると、

 

足指に十分な力が出ず踏ん張りがきかないため次第に足の親指が曲がってくるのです。

 

仮骨性外反母趾

f:id:fukuokacafe:20171014095310j:image

 

足の親指の曲がる角度はあまり曲がっていないですが、

 

足の親指の付け根部分の骨が異常に発達し出っ張っている状態を言います。

 

【原因】


歩く時に足の親指の付け根部分に繰り返し負担がかかります。

 

すると、その部分を骨を作って身体を守ろうという防御反応が起こり骨が形成されていきます。


足の指を上げて歩く癖がついていたり、ヒールを履いて良く歩く人に多いのが特徴です。

 

混合性外反母趾

f:id:fukuokacafe:20171014095320j:image

 

靭帯性外反母趾仮骨性外反母趾が併発している状態を言います。

 

【原因】


最初は、靭帯性外反母趾か仮骨性外反母趾になっており加齢により両方の症状が出てきてしまいます。

 

ハンマートウ性外反母趾

f:id:fukuokacafe:20171014095326j:image

 

足の指全体が上を向いていたり、縮こまっている状態を言います。


足の指が極端に浮いているのが特徴です。

 

【原因】


生まれつき足の指が長い人に多くみられます。


自分の足の大きさに合わないサイズの靴を履き続けることでも発症します。


小さい靴だと足の指が曲がり、大き過ぎる靴だと脱げないようにするため足の指が上を向きます。

 

病変性外反母趾

f:id:fukuokacafe:20171014095331j:image

 

関節リウマチやへバーデン結節などの病気や事故やケガによる外的な衝撃により足の指が変形してしまうことを言います。

 

足の指の形を元に戻すには手術以外は困難と言われている。


また手術をしても再発する可能性が高い。


テーピングやサポーターなどで変形の進行を遅らせることが重要です。

 

まとめ

足の指に痛みが出たり、外反母趾の場合は足に負担がかかる靴やヒールは控えることをおすすめします。


外反母趾が進行すると足の指の骨が変形してしまい、

 

靴を履いて当たっただけでも痛みが出たり、立っていられないや歩行困難になります。

 

外反母趾が気になった段階ですぐに正しい処置ができれば進行を止めることができます。


ぜひ早期発見、早期治療を心掛けましょう。