整骨院ONLINE相談

睡眠・栄養・運動で健康な身体をつくる

ばね指で親指が曲がらない、伸ばせない。女性に多い腱鞘炎の原因と治療法

f:id:fukuokacafe:20171024191232j:image

 

ある日突然、指がカクカクなり引っかかり伸びなくなったり、

 

指に痛み腫れといった症状が出たことはありませんか?

 

 

心配になりネットで検索するとばね指と出てきます。


そして、近くの整形外科に行き手術しましょうと言われどうしようかと悩んでいると思います。

 

 

私は、ばね指で手術を行いその場の痛み引っかかりを治してもまた再発して悩んでいる患者さんを何人も見てきました。

 

その経験を生かし今回は、ばね指の原因治療法を解説していきます。

 

手術しようか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

 

 

ばね指とは

指や手をよく使う人に現れやすい症状です。


産後子育てで指をよく使う女性更年期を迎えた女性に発症しやすいといわれています。

 


指は、骨と筋肉をつなぐによって曲げたり伸ばしたりすることができます。


この曲げ伸ばしの際に腱を包んでいる腱鞘と摩擦を起こし炎症を起こすことを腱鞘炎といいます。


ばね指は腱鞘炎の一種です。

 

 

症状が悪化したり慢性化すると

 

腱が変性して膨らんだり、腱の癒着し硬くなったり、腱鞘のトンネル部分が狭くなり、

 

指を動かすときに膨らんだ腱が狭くなった腱鞘のトンネル内をうまく通れずにカクカクと引っかかってしまいます。

 

すると、指が曲がらなくなったり、しっかり伸びなくなります。

 

ばね指が起こりやすい方の特徴と原因

一般的に高齢の女性に多い


仕事や家事での指先の使い過ぎ


妊娠、出産後の女性


閉経後や更年期の女性(ホルモンバランス自律神経の乱れ)


関節リウマチ、糖尿病、透析されている方

とくに親指中指によく現れます。

 

ばね指の症状

 

・痛み、腫れ、熱感、指の引っかかり、こわばり感


・指を曲げようとするとカクンとなる


・指を伸ばそうとすると引っかかり一度止まり勢いよく伸びる


・指が曲がったまま伸ばせない

 

 よく刀の(さや)に例えられます。


の部分がで、さやの部分が腱を包んでいる腱鞘です。


刀をさやに収めるときに、刃の腱の部分が腫れているとさやに収まりません。


また、さやの腱鞘の部分が狭くなっているとこれも刀をさやに収めることができません。

 


腱鞘炎とは、この状態が指で起こり腱と腱鞘が摩擦し炎症を起こします。


この状態を改善することが治療や予防につながります。

 

治療法

主に指の使い過ぎ炎症を起こしていることが多いので、

 

できるだけ手や指を使わないようにして安静にすること。

 

そして、炎症を抑えるためにアイシング、テーピング、包帯、シーネ固定をします。

 


腫れや痛みが強い場合は、腱鞘内へステロイド注射を打ち直接的に炎症を抑える治療もあります。


ただしこの治療は、繰り返し行うと腱が弱くなり切れてしまうので注意が必要です。

 


手術療法として、腱鞘切開手術内視鏡手術の2つがあります。

 

費用は保険の3割負担で8000円くらいで日帰りの手術になります。


腱鞘切開手術は、腱鞘の状態を直視しながら切開していくので神経や血管を傷つけることが少なく安全というメリットがあります。


ただ内視鏡手術よりも傷口は大きくなります。

 

どちらの手術も傷口を縫合する必要のないぐらい小さい傷で済みます。


手術は、腱鞘に切れ込みをいれて狭くなったトンネル部分を開放する方法です。

 

 

ばね指の治療で1番大切なことは、

 

保存療法、手術療法どちらで治療をしても治療後のケアが大切になります。


ばね指は少なからず再発の可能性はあります。


なので、リハビリや予防をしないとまた辛い思いをしてしまいます。

 

ばね指の方にオススメのサポーター

ばね指を治すには安静にすること、アイシング固定が大切です。

 

しかし、ばね指でテーピングをして対処をしても

 

家事で水を使ったりするとすぐに剥がれてしまったり、

 

毎日テーピングを貼るのが面倒くさい、

 

テーピングで皮膚がかぶれる

 

という方がほとんどです。

 

そんな方にはサポーターがオススメです。

 

親指専用のサポーターで取り外しが簡単で親指の保護もしっかりしてくれるので、

 

筋肉や腱のサポート親指の使いすぎを制限することができます。

 

 

まとめ

ばね指は、手や指の酷使による症状であり安静が必須になります。


もし仕事や生活上難しい場合は、テーピングなどサポートをしてくれる処置をすること。


ばね指は、放っておいて自然に治ることはありません。


むしろ悪化した場合、腱の癒着関節の拘縮を起こすことがあるので気をつけてください。


ばね指で悩まれている方は、

 

自分のばね指の状態や原因を診てもらいそれに合った治療を早めに受けることをおすすめします。


例え病院で手術と言われても一人で悩まずにセカンドオピニオンとして

 

他の病院や治療院に行って自分の納得できる治療法を選んでください。

 

中指のばね指でお悩みの方は、こちらの記事をお読みください。

 

 辛いばね指でお悩みの方はご相談ください

 

ご相談はこちら