整骨院ONLINE相談

睡眠・栄養・運動で健康な身体をつくる

おしりの痛みやふくらはぎのしびれの坐骨神経痛。5つの原因と効果的なストレッチ方法。

f:id:fukuokacafe:20171103163413j:image

 

最近ではテレビや雑誌で病気や症状のことが取り上げられることが多くなり患者さん自身も知識が増えています。
なので、坐骨神経痛という言葉は一度は耳にしたことがあると思います。


腰痛やヘルニア、お尻の痛みや太ももからふくらはぎの足のしびれなどで悩んでいる方に向けて坐骨神経痛について解説していきます。

 

 

坐骨神経痛とは?

坐骨神経痛は、病名ではなく症状を表すものです。
人体の中で一番太くて長い神経で腰のあたりから足の指先まで枝分かれしながら伸びています。
この坐骨神経が何らかの原因で圧迫や刺激されることで腰やおしり、太ももの裏、ふくらはぎに鋭い痛みや、ビリビリとしたしびれや、こわばっている感じなどの症状が生じます。


また、症状が慢性化したり悪化すると、足のしびれにより歩行障害を伴うこともあります。


坐骨神経は、おしり、太ももの裏、ふくらはぎを通るため下半身の後ろに症状が出ることが多く、両側よりも片側だけに出ることが多い。
そして、天気や気温によっても症状の強さが変化することもあります。

 

坐骨神経の構造

 f:id:fukuokacafe:20171103163426p:image

腰仙骨神経叢の主要神経です。
起始:L4〜S3
枝:脛骨神経、腓骨神経
分布:腰背部から殿部を通って脚の後部に進みます。
支配:半膜様筋、半腱様筋、大内転筋
膝で脛骨神経と腓骨神経に枝分かれして、足の筋肉を支配します。

 

坐骨神経痛の特徴

・腰やおしりの痛み
・おしり、太ももの裏、ふくらはぎのしびれ
・長く座っていられない
・夜寝ている時足が良くつる
・片側だけに多い
・激痛もあるが、鈍痛が多く常に不快

 

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛になる原因が何かを検査し見つける必要があります。


年齢が若い場合は、腰椎椎間板ヘルニアによることが多く、

高齢の場合は、腰部脊柱管狭窄症が原因として坐骨神経痛が発症します。

 

①腰椎椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛

背骨と背骨の間に衝撃を吸収、分散してくれるクッションの働きをし、腰の骨がスムーズに動くようにサポートしている椎間板があります。
この椎間板が負荷によってはみだして坐骨神経を圧迫してしまう。

 

②腰部脊柱管狭窄症による坐骨神経痛

脊柱管は背骨の真ん中にあり脊髄神経が通っています。
この脊柱管がさまざまな原因により狭くなることによって神経が圧迫され坐骨神経痛の症状が出ます。

 

③梨状筋症候群による坐骨神経痛

 f:id:fukuokacafe:20171103163438j:image
お尻の筋肉に梨状筋(りじょうきん)という筋肉があり、この筋肉の下を坐骨神経が走行しています。


梨状筋に疲労や負荷がかかると筋肉が硬くなったり動きが悪くなり坐骨神経を圧迫してしまいます。
この圧迫が長くなるとしびれなどの症状が出てきます。

 

④変形性腰椎症による坐骨神経痛

変形性腰椎症とは、簡単に説明すると腰の骨の変形です。
腰の背骨が変形することで骨同士がぶつかり削れたり、棘(とげ)ができたりすることで神経を圧迫します。
また変形すると関節の動きも悪くなるので、体を動かす際に痛みが出るといった症状も引き起こします。

 

⑤腫瘍による坐骨神経痛

まれなケースですが、背骨に癌が転移していたり、脊髄に腫瘍がある場合も坐骨神経痛の症状が伴うことがあるので、治療を受けても変化がみられない場合は、1度MRIを撮ることをおすすめします。

 

レントゲンとMRIどっちを撮るべき?

結論から言うと、MRIを撮るべきです。
レントゲンは、主に骨を診るものなので神経などは写りません。
骨が折れてるかどうか、変形や骨のズレがあるかどうかを確認します。


一方MRIは、神経や靭帯などの軟部組織を診るもので椎間板の状態を診るときもMRIで診断します。
よって坐骨神経を診る場合はMRIが必要です。

 

治療法

整形外科、整骨院、鍼灸院、整体院、カイロプラクティック。


坐骨神経痛にはいろいろな治療法があります。坐骨神経痛に対して同じ治療法をしても治る人もいれば治らない人もいます。


それはなぜでしょう?


症状に治療法を当てはめているからです。
人の身体は一人一人違います。
なので坐骨神経痛の原因も一人一人違います。
その原因を見つけそれに対して正しい治療を行うべきです。

自分でできるストレッチ

主にお尻のストレッチです。
お尻の筋肉には大臀筋、中臀筋、小臀筋とありますが、

先ほど挙げた梨状筋を伸ばすストレッチが坐骨神経痛には効果的です。

 

f:id:fukuokacafe:20171103163451j:image

 

f:id:fukuokacafe:20171103163454j:image

 まとめ

日常生活やお仕事での繰り返しの作業によって坐骨神経痛で悩んでいる方はとても多いです。
どうすればこの辛い症状から開放されるのかと、みなさん試行錯誤されていると思います。


身体が治る原理原則としては、まずは姿勢からです。
姿勢が正しくなることで筋肉、関節、神経、内臓の働きが改善していきます。
この姿勢と働きが改善することで自然治癒力が高まり痛みやしびれといった症状を治してくれます。
自然治癒力を高めるサポートとして正しい治療を受けることをおすすめします。