整骨院ONLINE相談

睡眠・栄養・運動で健康な身体をつくる

40歳代女性の子宮筋腫。手術方法は?出産できるの?

f:id:fukuokacafe:20171109173152j:image

  

子宮筋腫は女性特有の病気成人女性の3〜4人に1人の割合で発見されるといわれています。


基本的には良性の腫瘍なので命に関わることはほとんどありませんが、手術する方も多いです。


腫瘍の大きさ、術後の出産や子どものことについて、女性としてなどの悩みで不安を感じている方もいます。


今回は、そういった不安が少しでも解消できるように説明していきます。

 

 

子宮筋腫とは?


子宮筋腫は、子宮にできる腫瘍のことです。


子宮を形成している筋肉の一部が女性ホルモン(エストロゲン)のはたらきによってコブのように発生・発育してできる良性の腫瘍です。

 

子宮筋腫が小さい間は、特に大きな変化もなく異常も見られないため気にはなりませんが、


良性の腫瘍とはいえ放置すると大きく成長し、

 

腹部に違和感や痛み、膀胱を圧迫して頻尿、過多月経やそれに伴う貧血、月経困難症、といった症状が現れることもあります。


また、不妊症の原因にもなることがあるので、妊娠を希望している人は特に注意が必要です。

 

子宮筋腫は、婦人科の腫瘍のなかでは最も多い病気で、

 

その発生頻度は30歳以上の女性で20~30%と推測されています。

 

さらに非常に小さな筋腫も含めると、過半数の女性にあると考えられています。

 

20代の女性にもみられます。

 

筋腫が複数個できることが多く、

 

大きさやできる場所、症状の重さ、発育の早さなどによって、治療法を検討することになります。

 

f:id:fukuokacafe:20171109182656j:image

 

子宮筋腫には、

 

子宮内膜のすぐ下にできて子宮の内側に向かって大きくなる「粘膜下筋腫」

 

子宮内膜の外側にある筋肉の層内で大きくなる「筋層内筋腫」

 

子宮の外側を覆う「子宮漿膜」のすぐ下で発生・発育する「漿膜下筋腫」

 

という3つのタイプがあります。

 

子宮筋腫の原因、なりやすい人

・冷え性


・血液循環が悪い


・ストレス


・運動不足


・姿勢が悪い


・自律神経、ホルモンバランスの乱れ

どのような症状または痛みについて

代表的な症状は月経量が多くなることです。

 

子宮筋腫は、基本的には痛みがある場合はほとんどありません。


子宮自体が沈黙の臓器と言われており、痛みに鈍感な場所なのです。


そのため、もし何らかの痛みが出る場所は、危険信号だと考えられます。

 

生理時の痛み

子宮筋腫の人は、生理痛が特に酷い人が多いです。


生理痛が酷く、動くことが困難で寝込んでしまう人も多くいます。


また生理時に鎮痛剤を服用しても痛みが軽減されることが少なかったり、

 

薬が効いても痛みはある程度残ってしまう場合があります。


子宮筋腫が原因で生理痛で日常生活に支障をきたす場合は、

 

機能性月経困難症器質性月経困難症である可能性が高くあります。


あまりにも生理痛がひどいときは、すぐに婦人科を受診して検査を行いましょう。

 

下腹部痛

子宮筋腫が大きくなると、どんどん子宮付近の臓器を圧迫します。


筋腫が腸や膀胱を圧迫するほどの大きさになった場合、重だるいような痛みが下腹部に現れます。


耐えられないほどの痛みというよりは、なんとなく気分が憂うつな感覚になるような鈍い痛みが多くあります。


また下腹部痛が酷い場合、子宮筋腫硝子変性という症状が考えられます。


これは、筋腫が大きくなるにつれ血液不足になった子宮筋腫の内部が壊死しガラスのように硬くなってしまうことを言います。

 

排尿痛

子宮筋腫が大きくなるにつれ尿管が圧迫された場合、排尿時に激しい痛みが現れます。


尿管が圧迫されると尿がスムーズに排尿されずに頻尿となったり、

 

尿漏れの原因になるだけでなく、排尿時に力を入れないと尿が出にくくなったり、

 

その時に圧迫した尿管が刺激されるために痛みが伴うことがあります。

 

腰痛

子宮筋腫が大きくなり、骨盤あたりの神経を圧迫刺激すると腰痛を引き起こします。


子宮筋腫のできる場所によっては単なる腰痛と勘違いしたり、

 

または神経が刺激されて痛みよりも、痺れる感覚が強く出ることもあります。


そのため、子宮筋腫が原因の腰痛だと思いにくく整形外科などを受診される人が多いです。


腰痛に加え痺れる感覚があると椎間板ヘルニアと間違える人がいますが、

 

椎間板ヘルニアの時の痛みや痺れる感覚と子宮筋腫の場合では、痛む状況が異なります。

 

子宮筋腫の手術方法 

単純子宮全摘術

子宮頸部の付近で靭帯を切断し、子宮を全て取り除く手術法です。

 

子宮筋腫の再発や子宮がんになる可能性はゼロになり、子宮筋腫に伴う様々な症状に悩まされなくなるというメリットがあります。

 

子宮を摘出しても、卵巣を切除せずに温存しておけば、卵巣の機能が残っているうちは更年期障害になる心配もありません。

 

また、腟は残るので性交渉も可能です。

 

ただし、デメリットとして、術後に自然妊娠はできなくなります。

 

将来的に妊娠を希望する場合には、医師やパートナーと事前によく話し合ったうえで手術を検討することが大切です。

 

筋腫核出術

子宮を体内に残して、筋腫だけを取り除きます。

 

筋腫による症状が軽快するうえに、手術後の妊娠も可能であることがメリットです。

 

最近では、開腹手術と比べて術後の痛みが軽く、回復も早い腹腔鏡下手術が主流となりつつあります。

 

しかし筋腫核出術は、子宮筋腫が再発する確率が20%前後であったり、

 

手術時の出血量が多くなる傾向があるので輸血などによるリスクが増えたりするなど、デメリットがあるのも事実です。

 

なお、粘膜下筋腫の場合、子宮口から切除用の内視鏡(レゼクトスコープ)を挿入して、筋腫を取り除く手術(Transcervical resection=TCR)が行われます。

 

術後の痛みもほとんどなく、回復も早いため入院期間が短いというメリットがあります。

 

非観血的手術

比較的新しい治療法で、体にメスを入れずに筋腫を小さくする方法です。

 

たとえば、子宮に栄養を供給する血管を薬などで閉じて、筋腫への栄養を断つ「子宮動脈塞栓術(UAE)」、

 

超音波の力で筋腫を小さくする「集束超音波療法(FUS)」などがあります。

 

どちらも、腹部に傷を残さずに子宮筋腫を小さくすることができますが、

 

日本産科婦人科学会は「妊娠を希望する患者には推奨できない」としています。

 

これらの新しい治療法は保険適応外のため、治療費は全額自己負担です。

 

メリット・デメリットの両方を考慮したうえで、慎重に実施を検討する必要があります。

 

症例報告


整骨院に来られる女性の患者さんで内臓疾患もしくは今までに手術をしたことがあるか尋ねると子宮筋腫と答える人はすごく多いです。

 

とある女性の患者さんで、右の股関節が痛みと動かした時の違和感があり2年間他の整骨院に通っていたそうです。


その整骨院では、股関節の動きが悪いからその症状が出ているとのことで、股関節の動きを良くする治療やストレッチをしてもらっていた。


治療後は症状はましにはなるが次の日になるとまた元に戻りまた治療を受けての繰り返しだったそうです。


自分でも治ってはいないなと感じながらも治療を受けると楽にはなるし他にどこに行ったらいいのかわからないのでとりあえずはということで2年間通っていました。


ですが、この状態がこのままずっと続くのは嫌だと思い当院に来られ私が担当することになり、


問診でお話を聞き、視診、触診と身体の検査をしていくとさすがにその場では子宮筋腫とまでは確信できなかったが、

 

本当に股関節の動きが悪いだけの症状なのか?と疑問が浮かんだ。


3日間だけもらって治療をして身体や症状の変化をみてみると骨格のズレや関節の動きは改善するも症状はあまり変化がみられなかった。


そこでやっぱりおかしいと思い、1度整形外科で診てもらうことをすすめた。


するとレントゲン上に子宮筋腫がみつかりそこからは子宮筋腫の治療をして股関節の症状は治りました。

 

もしこのまま見過ごされ続けていたらこの患者さんは、子宮筋腫が進行し大きくなってもっと辛い思いをしたことでしょう。

 

子宮筋腫は、出産やパートナーから女性として見られるのかといった悩みが多いです。


その悩みを一人で悩んでいても解決することはありません。


婦人科を受診しその悩みを質問をするとちゃんと応えてくれると思います。


納得できない場合は、セカンドオピニオンとしていくつかの病院を受診することをおすすめします。

 

自律神経の仕組みについてはこの記事をお読みください。

 

ご相談はこちら