整骨院ONLINE相談

睡眠・栄養・運動で健康な身体をつくる

小学生がなぜ頭痛に?原因と解決策【相談】

f:id:fukuokacafe:20171130114311j:image

 

相談内容

子どもの頭痛につきまして

 

小学5年生の男児です。


2年ほど前から朝、頭痛を訴えることがあり、学校を休んでいたのですが、

 

小児科医では特段異常が認められず、あまりに頻繁に起きるので、

 

総合病院で1年ほど前にMRI検査も受けてみましたが脳には異常がありませんでした。

 

 

仮病も疑いましたが、学校でのいじめ・いやがらせなどもなく、

 

父親には言わなくても母親になら言えることもあるかと思い聞いても何も悩みはないとのことで、

 

学校に行きたくない理由はないようで仮病でもなく、本当に痛いようです。

 


担任教師も問題らしいことはないと言っており、

 

クラスではどちらかというと男女問わずから人気者だそうです。

 

・頻度は週に1回あるかないか


・通常頭痛が起きるのは朝で、グロッキー状態


・その頭痛で頭を抱えて転げまわるほどの程度ではない


・登校後にも、頭痛で保健室で寝ていることもある


・バファリンはきかない


・午後は通常元気で普通に過ごしている


・少年野球もしているが、下校後頭痛のため休むこともある


・夜も頭痛を訴えることがあるが、その割には元気に兄弟で遊んでいる

 

 

普段から朝は調子が悪いようですが、血圧はまだ測っていません。

 

低血圧で頭痛が起きるのかどうか、医師から言われたことはありません。


ただ、上記のとおり朝だけでなくときどき昼以降にも頭痛を訴えます。

 

あとは、神経的な原因または原因そのものが不明くらいしか残っていないようなのですが、こういう症状の原因や解決策などご存じないでしょうか?

回答

頭痛の原因としては、


筋肉の緊張


骨の歪み


血液循環


血管系


脳の問題


神経系


自律神経


ストレス


睡眠不足

 

などたくさん挙げられます。

 

 

お話を聞いた所によると、MRIは異常なし、バファリンも効かない、ストレスもなさそうですね。

 

これらから考えられるものとすれば、骨格の歪みが原因の割合が高いです。


骨のズレは、出産時の外力や小さい頃に転んだなどのケガで起こります。


その歪みができてしまった状態で成長すると、神経や血管を長い間圧迫していたりします。


血管が圧迫されると脳に送る血液(酸素)が少なくなるので頭痛を起こします。


また、神経が圧迫されると神経の働きが悪くなります。


脳にはさまざまな働きを支配している自律神経があります。


自律神経の働きが悪くなると頭痛や吐き気を起こし、病院の検査ではなかなかみつかりにくいです。

 

整体や整骨院に行ってみてはいかがでしょうか。


治療院選びとしては、まずしっかりと話を聞いてくれて丁寧な説明をしてくれる所が良いです。


そして、マッサージだけの治療よりも骨格のことを診てくれたり、

 

頭痛が出ている原因を根本から治すために身体全体を診てくれる所を選ばれると良いと思います。


小学生で頭痛が続くと授業に集中できなくなったり、

 

休みがちだと友達との時間も減ってしまいまうので、早く良くなるといいですね。

 

私が診た小学生の患者さんでも骨格の歪みが原因だった場合があります。


みなさん骨格の歪みが治ると頭痛もなくなりました。


小学生は、姿勢が悪い子が多いです。


なかなか学校でも姿勢までは教えてくれないそうです
猫背になったり、椅子の座り方が悪い子がほとんどでした。


なので、そういう姿勢から見直すのも良いのでやってみてください。

 

ご相談はこちら