整骨院ONLINE相談

睡眠・栄養・運動で健康な身体をつくる

バネ指で手術したのに痛みが取れない。効果的なリハビリ方法【相談】

f:id:fukuokacafe:20171130153902j:image

 

 相談内容

右手中指の腱鞘炎(バネ指)の手術をしてからまる二週間が経過しましたが、

 

痛みがなかなか引きません。


ネット上では、バネ指の手術は簡単だが、

 

リハビリには相当の期間を要することがブログやサイトで報告されています。


したがってリハビリが長期間になることは覚悟はしているのですが、

 

困るのは朝の寝起きの痛みです。

 

 

曲げようとするとものすごく痛みます。

 

左手の力借りて曲げようとしても、曲がりません。


起床後も30分程度動かさないでいると、右手だけで曲げるときは強い痛みを感じます。


手術を担当した医師は、

 

どんどん動かせというだけで具体的なリハビリ方法は示してくれません。

 

お風呂に入って左手を添えて曲げ伸ばしをすればいいということを、

 

ネットで見つけたので、いまこれを実施しているところです。


寝起き時の激しい痛みは当面続くと覚悟した方がいいのでしょうか?

回答

手術法にもよりますが、

 

一般的には手術を受けたその日から無理の無い範囲で動かしたりできるはずです。


場合によって、腱鞘を切る手術だと切った部分が炎症を起こし腫れたりすると

 

痛みがでたり圧迫し動かせなくなったりします。


その時は、2週間から1ヶ月は様子をみます。

 


おそらく、左手の力を借りても曲がらないということであれば

 

手術後炎症を起こして腫れていてその腫れている部分が指を曲げる際に

 

邪魔をするので曲がらないと思います。


なので無理に曲げることはせず安静にし炎症を抑えることが先だと思います。


アイスノンとか保冷剤を使って患部を10分程冷やすのを毎日してみてください。


リハビリとしては、指全体を曲げるのではなく、まずは指先から曲げたり

 

手首が固まらないように動かしたりして、指は曲がる範囲で患部をゆっくり少しずつ曲げていくと良いです。


あとは、患部を指でさすってあげるのも腱の動きが良くなるのでやってみてください。


腱鞘炎のリハビリはなかなか根気がいるのでめげずに頑張ってください。

ばね指の治し方はこちらの記事をお読みください。

 

柔道整復師に身体の不調に関する疑問や不安をぶつけてみませんか。

 

ご相談はこちら