整骨院ONLINE相談

睡眠・栄養・運動で健康な身体をつくる

脊柱管狭窄症と膝の関係性。人工関節の寿命は?【相談】

f:id:fukuokacafe:20171130181223j:image

 

相談内容

42歳の女性です。

 

10年ほど前から左膝の内側が痛く、下り階段は手すりを使って手の力で降りたり、

歩くのも10分がやっとで走れません。

歩き方も右は突っ張ったまま歩く感じです。

 

寝ていて起きる時に痛くて足が曲がらない、

逆に長い時間座っていて立ち上がる時に痛くて足が伸ばせない、

立ちっぱなしの時も辛いです。特に左です。

 

膝を庇ってなのか、おしりも左が痛くなります。

時々かかと、本当に時々つま先も痛くなります。

 

二件ほど整形外科に行きましたが、

変形性膝関節症だと言われて湿布や痛み止めをもらいましたが全く効かず、

 

手術してでもこの辛い痛みを治したいと言ったら、

年齢的にまだ早すぎると言われて通院を辞めていました。

 

レントゲンでは、軟骨がなくなり、骨が削れてツノが出来てるとは言われましたが、

私が感じている痛みは大袈裟だなと思われているような口ぶりでした。

 

それから、病院には行っていません。随分前にもなります。

 

膝の痛みが出ないスポーツをと思い、スポーツ自転車を始めました。

 

もう数年乗っていますが、

最近 痛みがひどくなってからは着地が怖く、少し乗らなくなってしまいました。

 

自転車で転び、3年ほど前に一度だけ水を抜いたこともあります。

一目瞭然の腫れで、いつもの膝痛での診察ではありませんでしたが、

一応これが最後に行った病院でしょうか。

 

なので、市販の痛み止めを増やして飲んでいました。

しかさ効かず、湿布も効かず、どんどん痛みが増し、

買い物も思うようにできないので、友人の勧めで

麻酔科のあるペインクリニックに行きました。

 

そこで、腰部脊柱管狭窄症と言われ 腰が原因だと言われました。

 

取り急ぎブロック注射をしてみては?との事で、

打った後に安静にする時間が必要だから時間がある日にまた打ちに行く事になっています。

 

長くなってしまいましたが、私の症状から やはり腰部脊柱管狭窄症でしょうか?

 

膝が痛いのに、腰だと言われて驚いています。

 

ネットで調べたりもしましたが、

腰部脊柱管狭窄症は足の痛みはしびれが主のような感じに思えて、

いまいちピンときていません。

 

痛みがなくなったら、大号泣してしまいそうなくらい嬉しい。

 

とにかく、普通に歩きたい。スーパーで簡単に一周したい。です。笑

 

ご意見を聞かせてください。よろしくお願い致します。

回答

そのような膝の痛みのでかたでは、脊柱管狭窄症は考えにくいですね。


おそらくペインクリニックの先生は、

お尻や足の症状や腰の状態をみて狭窄症と診断したのではないですか?

 

変形性膝関節症は、膝の骨がぶつかり削れる疾患です。


レントゲン上、骨が削れてトゲ(骨棘)ができている状態なので、

膝の曲げ伸ばしをする際にそのトゲの部分が当たると激痛です。


人工関節を入れるなどの手術もありますが一般的には人工関節の寿命は20年と言われています。


今の年齢で手術されると再手術が必要になります。

 

なので、手術以外の治療法もあるのでそちらを検討してみてはいかがでしょうか?


治療院などの治療では、膝のねじれを正したり、関節の隙間を広げてトゲができるだけ当たらないようにする治療を受けられると良いと思います。


あとは、固定したりサポーターなどを使ってみるのも良いです。


それだけ膝が痛いとどうしてもかばったりするので他の部位を痛めてしまうことがあります。


早めの治療をおすすめします。

 

ご相談はこちら