整骨院ONLINE相談

睡眠・栄養・運動で健康な身体をつくる

整骨院と整体院の違い。迷ったらどっち?

f:id:fukuokacafe:20171204201946j:image

 

いまや肩こりや腰痛は国民病と言われています。

 

肩こりや腰痛を感じたらどこに行けばいいのでしょうか?

 

 

一般的には、整形外科などの病院に行かれる方が多いです。

 

整形外科で診てもらいまだ症状が良くならない場合、治療院を探すと思います。

 

その際、

 

「私は整骨院と整体院どっちに行った方が良いのかわからない」

 

と思ったことはありませんか?

 

 

それぞれの特徴や適応症状も違いがあるので今回は、

 

皆さんがあまり理解していない整骨院と整体院の違いを説明していきます。

 

 

整骨院とは

国家資格の柔道整復師が施術を行う所です。


主に、電気や超音波、ウォーターベットの機械を使うところが多いです。

 

良く聞かれるのが、整骨院と接骨院はどう違うの?と聞かれます。


これには違いはなく同じことです。


簡単に言えば、接骨院は昔の名称で、整骨院は最近の名称です。

 

 

整骨院では、骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷の施術を行っています。

 

整体院とは

民間資格で、猫背などの背骨や骨盤や肩甲骨などの骨格や関節を調整する所です。

 

日本でいう、カイロプラクティックは整体の一種とされています。

 

頭蓋骨や筋膜や内臓といった特殊な施術をされているところもあります。

 

整骨院と整体院はどこが違うの?

大きな違いとしては、国家資格ではないでしょうか。


国家資格なので保険を使って施術することが認められています。


また知識量にも差が出てきます。


整骨院は、資格を取るのに3年間勉強しなければなりません。

 


整体院は、団体に入って民間の資格を取ったりしますが、

 

極端な話一般人が明日から整体師ですと自分で決めたらなれます。

 

なので知識量や経験数に違いが出てくると思います。

 

 

例外として最近多いのは、

 

理学療法士が整体師として整体院をしていることがあります。


理学療法士は開業権がなくずっと病院で勤務しなければなりません。


なので様々な事情で自分で独立したいという想いから整体師として開業されている先生が増えてきています。

 

 

一般の方に整骨院と整体院の違いについてのアンケートをとると、

 

整骨院は怪我をした時に治しに行くところで、整体院はマッサージをしてもらったり、

骨格の調整など予防に行くイメージだそうです。

 

それぞれの治療内容の違い

正直そんな違いはないのかもしれません。


治療する人によって経験や技術や持っているテクニックが違うからです。

 


一般的な治療内容としては、


骨格の調整、関節の運動、筋肉のマッサージ、ストレッチ、包帯やテーピング固定です。

 

整骨院では、外傷といったケガが多いので包帯やテーピング固定など外傷の処置や急性期のぎっくり腰は得意です。

 

整体院は、長年の肩こりや腰痛、頭痛などの慢性疾患は得意です。

 

さいごに

結局迷ったらどっちに行ったらいいの?


整骨院と整体院では様々な違いがありますが、どっちに行った方が正解などはありません。


なぜなら施術者の技量・経験量・知識量によるからです。


これによってかなり違いがあります。


また、人によって合う合わないもあると思います。


治療院選びの参考としては、

 

・まず問診をしっかりとしてくれるところ。


・自分の悩みを親身になって聞いてくれたり、痛みの出ている原因をわかりやすく説明をしてくれるところ。


・視診、触診、動きの検査をしてくれるところ。


・この先生に任せたいと思うかどうか。


自分の身体を任せられると思った先生にお願いすることをおすすめします。

 

ぜひ治療院選びの参考にしてみてください。 

 

ご相談はこちら