整骨院ONLINE相談

睡眠・栄養・運動で健康な身体をつくる

五十肩の悩み。治し方とリハビリ方法【相談】

f:id:fukuokacafe:20171211181943j:image

 

今回は40代女性の五十肩についてのご相談です。

 

50代の肩が上がらないことを五十肩と思っていませんか?

 

五十肩は、40代50代に多くなりやすいということでついた名前です。

 

正式名称は、肩関節周囲炎といいます。

 

五十肩でなかなか治らないで悩んでいる方のために五十肩の治し方とリハビリの方法についてお伝えしていきます。

 

相談内容

半年前から右肩が痛みがあり肩が上がらなくなりました。


仕事で腕を使うので肩が上がらないと困り近所の整形外科に行きました。

 

そこでは、レントゲンを撮り五十肩と言われリハビリに通うように言われ痛み止めの薬と湿布をもらいました。

 

そして、週に2回リハビリに通って電気をあてたり、肩を上げるリハビリをしてもらっていました。


3ヶ月通ってもあまり効果がみられず、先生からも1年くらいはかかるので我慢してくださいと言われていたのですが、

 

このまま通っていても治る気配がなかったので、別の整形外科にもう一度診てもらいました。

 

するとそこでは、レントゲン上で肩にトゲができて拘縮を起こしている、肩が前みたいに上がるようには難しいかもしれないと言われました。

 

3ヶ月リハビリに通っていたのに、あれは意味がなかったと思うようになり病院に対して不信感を持つようになりました。

 

ですがどうしても良くしたいという思いから現在は、整骨院に通って治療しています。

 

通って1ヶ月くらい経ちましたが今の所は個人的には変化が感じられません。

 

肩が上がらないと普段の生活も不便ですが、仕事にも影響がでてきています。


このままでは仕事を辞めないといけないのかなと考えて悩んでいます。

できれば今の仕事は続けていきたいです。

 

何かアドバイス等ありましたら教えていただけたら嬉しいです。

 

お忙しいとは思いますが、回答の方よろしくお願い致します。

回答

五十肩が治るのは個人差があり、確かにお医者さんが言われる通り1年くらいかかる場合もあります。


ですが、ちゃんとリハビリや治療に通っているのに変化が感じられないとどうしても不安になりますよね。


その不安が少しでも和らぐよう回答できればと思います。

 

 

はじめにもう少し情報が欲しいところです。


なぜかというと五十肩の原因はたくさんありすぎるからです。


その中で原因を絞っていって上がる角度や上げ方の経過をみて治療を変えたりしながら進めていきます。

 

まず私の経験から、治療リハビリに分けます。

 

治療とは、整形外科や整骨院の先生の手技や一緒に行う関節の運動のことを指します。

 

リハビリとは、病院以外の自分で行う関節の運動のことです。


一言でいうとセルフケアです。

 

今まで通って治療されていた時は自宅でもリハビリなどのセルフケアを行っていたのでしょうか?

 

どうしても五十肩の治療は、治療だけで治せるとは言い切れません。

 

肩が上がらなくて関節に制限がでていると動かせる関節から動かしていき、徐々に関節の動かせる範囲を広げていきます。

 

 このリハビリは、真面目にやっていても、3歩進んでも2歩戻ることがあり根気が必要です。

 

ですが、その地道な関節の運動を繰り返すことで回復していきます。

 

肩にトゲができていたり、拘縮を起こしていると少しずつやっていくしかないと思います。

 

生活や仕事での不安もあると思いますが1ヶ月後、3ヶ月後、半年後、1年後という風に目標をたててリハビリをしてみてください。


きっと肩は上がるようになります。

 

さいごに自分でできる簡単な運動を紹介します。

 

右腕を肘を曲げないように真っ直ぐ下に伸ばします。


そして、肩から手首まで一緒に手のひらが下向いている状態から上向くまでゆっくり回します。


次に、さっきと反対方向に回します。


これを30回繰り返してください。


毎日繰り返すことで肩の動きが良くなってくるので是非試してみてください。

 

ご相談はこちら