整骨院ONLINE相談

睡眠・栄養・運動で健康な身体をつくる

サッカー選手に多い怪我ランキング

f:id:fukuokacafe:20171211190702j:image

 

スポーツ選手に怪我はつきものと良く言われています。


たった1度の怪我でそれが選手生命に関わるものも少なくありません。

 

サッカーは特にコンタクトスポーツなので、

 

自分では防げない外傷の怪我とストレッチなどの自分で予防を行うことによって防げる怪我に分かれます。

 

今回は、サッカー選手に多い怪我についてご紹介します。

 

サッカー選手に多い怪我ランキング

1位 肉離れ 33%


2位 靭帯損傷 27%


3位 捻挫・打撲 6%


4位 骨折 3%

 

*軽い捻挫や打撲などは含まれていません。

 

治療経験

 

肉離れ、靭帯損傷、捻挫・打撲、骨折すべて治療をしてきましたが、

 

治る経過が良いもの、治り方が早いものには共通点があります。

 

その共通点は、


安静・アイシング・圧迫固定です。

 

 

例えば指先を切ってしまったら血が出ると思います。


すると、止血し傷口がふさがるまで気をつけながら使うと思います。

 

上記の怪我も同じで、身体の中で起こっているので傷口が目に見えるわけではありません。

 

なので少しくらいは動かしても大丈夫だと思いがちですが、


痛めた傷口がふさがるまでは休息が必要です。

  

安静・アイシング・圧迫固定が復帰への近道です。

  

ご相談はこちら