整骨院ONLINE相談

睡眠・栄養・運動で健康な身体をつくる

痛い突き指の治し方。骨折してる?病院行くべき?

f:id:fukuokacafe:20180113130332j:image

 

スポーツをしていて突き指をした経験があると思います。


整骨院では、


「突き指は引っ張ったらいいの?」


「病院に行った方がいいの?」


と良く聞かれます。


なのでこの記事では、柔整師の視点から突き指の正しい処置と治し方について説明します。

 

突き指を軽くみたり、処置を間違えるとあとあと大変なことになったりもするので

 

是非この記事を参考にして気をつけてください。

 

 

突き指とは

指先に強く物が当たるなどして指の関節周りにある筋肉靭帯などの軟部組織を傷めてしまうことをいいます。


指先に加わる外力が強いと骨折脱臼することもあります。

 

突き指の症状

・疼痛(痛み)


・腫れ


・熱感


・内出血


・指を曲げにくい

原因

原因としては、ボールをキャッチする際に指先が当たってしまい指を曲げる方向と反対方向に指が持っていかれたときに傷めてしまいます。


あとは、転んで手をついたときに傷めることもあります。


基本的には、手の指先が多いですが、ボールを蹴った際タンスの角にぶつけた際などに足の指先を突き指することもあります。

 

突き指の正しい処置と治し方

突き指をして軽度だとしばらく様子をみて治りますが、


筋肉や靭帯を傷めてしまっている場合は、炎症を起こし腫れたり熱感をもちます。


そのときは、処置としてアイシングと固定をします。


氷やアイスノンを使って冷やして炎症を抑えます。


よく冷やすのに湿布を使う方がいますが、湿布は寝るときに貼ってください。


冷やす効果は圧倒的に氷やアイスノンの方が高いので傷めたときはこちらでアイシングしてください。


そして、3日間ほどアイシングを続けても腫れが引かなかったり、

 

まだ熱感が強かったり痛みがひどい場合は、すぐに病院に行くようにしてください。

 


固定には、包帯テーピングがあります。


突き指では、テーピングを巻くことがほとんどですが、それぞれにメリット、デメリットがあります。

 

テーピングと包帯の比較

テーピング

・指先の細い部分は巻きやすい
・何度も巻き直しやすい
・筋肉や靭帯のサポートをしてくれる
・圧迫力が弱い
・水に弱い
・皮膚がかぶれる


包帯

・圧迫力が強く腫れが引きやすい
・傷めた指を動かさないように固定しやすい
・分厚く巻くことができるので保護になる
・自分で巻き直すのが難しい
・指先には固定しにくい
・包帯がズレやすい

病院に行った方がいいの?

・痛みが強い


・指が変な方向に曲がっている


・自力で指を曲げ伸ばしできない


こういうときは、整形外科や整骨院に受診することをおすすめします。


ただ、痛みは炎症が落ち着いて時間が経てばなくなります。


痛みが無くなったからもういいやと思わず突き指したら、治療を受けることが無難です。


突き指を放ったらかしで治して指の骨に変形が残ってしまうことがあるからです。

 

引っ張って治すのはいいの?

結論はダメです。


突き指したら引っ張って治したらいいよとよく聞きますがこれは間違えです。


逆に引っ張ることは危険です。


治療家も突き指に対して引っ張る治療は行いません。

 

注意が必要な突き指

注意して欲しい突き指は、小学生以下の突き指です。


微妙な骨折の判断が難しいため骨折が見落とされることがあります。


骨折が見落とされたとしても骨はちゃんとくっつきますが、変な方向に曲がって変形を残して治ってしまいます。


また、小さい子どもは固定を嫌がります。


自分で勝手に外したり、指をたくさん使うので変形が残りやすいので注意が必要です。

 


どうしても突き指は、軽視されがちです。


軽視されることにより、あとあと骨が曲がって後悔することになるので、


子どもが突き指したときは、親が責任を持って正しい処置を受けさせてあげてください。

 

この記事で、正しい知識を身につけ突き指の悩みが解決すれば幸いです。

 

怪我をしたけど周りに相談できる人がいない、病院に行った方がいいのかわからないなどでお悩みの方は、1度気軽にご相談ください。

 

ご相談はこちら