整骨院ONLINE相談

睡眠・栄養・運動で健康な身体をつくる

肩こり、頭痛があるのは当たり前/肩こりからの筋緊張性頭痛の治し方

f:id:fukuokacafe:20180119172957j:image

 

身体に異変が現れると心配になり病院に受診します。


頭痛では、くも膜下出血脳の問題が1番に気になり脳神経外科頭痛外来に行くことでしょう。


病院でCT検査をして脳に異常がなければ安心し頭痛薬を処方されそれで様子をみることとなります。


脳に異常がなければ安心し、緊急性が下がるため身体への健康意識も下がり頭痛はほったらかしとなります。


そのことにより、気がついたら頭痛があるのが当たり前になっています。


頭痛にはいくつか種類がありますが、


今回は、肩こりからくる筋緊張性の頭痛について解説していきます。

 

 

頭痛の種類

 

ひとくちに頭痛といっても、いくつかの種類があるのをご存知ですか?

・筋緊張性頭痛
首こり、肩こりが原因の頭痛
頭全体が締めつけられるような痛み


・片頭痛
睡眠不足や気温や気圧の気候の変化による頭痛
ズキズキと脈打つような痛み


・群発性頭痛
頭の血管に問題があり起こる頭痛
目の奥がえぐられるような痛み

この記事では、筋緊張性の頭痛についてお話しします。

 

筋緊張性頭痛とは?

頭痛の中でも、1番慢性化しやすい頭痛です。


首こり肩こりが原因で起こりやすく、

 

無理な姿勢や長時間同じ姿勢をすることによる過度な緊張やストレスが重なり頭痛を起こします。


筋緊張性頭痛は、頭全体が締めつけられるような痛みがあることから

 

「ヘルメットをかぶったような重だるい痛み」と表現されることが多いです。


毎日同じような痛みが起こり、仕事中〜仕事が終わった頃に頭痛を感じやすい。

 

筋緊張性頭痛のメカニズム

なぜ筋緊張性の頭痛が起こるのでしょうか?


そのしくみは、


首、肩、背中の筋肉が緊張し硬くなることで起こります。


筋肉は伸びたり縮んだりという動きをします。


無理な姿勢や長時間同じ姿勢により筋肉の収縮が行われず緊張状態が続くと筋肉内の血流が悪くなります。


血流が悪くなると、血管中に老廃物が溜まります。


それにより頭全体が締めつけられるような頭痛が起こります。


姿勢が悪い→呼吸がしにくい→酸素不足→筋肉が硬くなる→血流が悪くなる→老廃物が溜まる→頭に血液が足りない→頭痛

 

筋緊張性頭痛を引き起こすきっかけ

日常生活の習慣仕事での動作で筋肉の緊張が起こります。


人それぞれ利き腕や身体の使い方は違います。


子どもの頃から自然と使ってきた身体にはその人の身体の使い方にクセ(習慣)がでてきます。


落ちてるペンは右手で拾う


右肩にカバンを掛ける


自転車は無意識に左から乗る


スマホは右手で入力する


日常生活の一つ一つの動作の中で無意識にクセ(習慣)があります。


このクセ(習慣)により骨格のズレや左右のバランスが崩れ筋肉に負担をかけてしまう原因となります。


このクセ(習慣)を直すのは時間と労力がかなり必要です。


なぜかというと、あなたが今から左手でお箸を使う練習をしてくださいと言うのと同じだからです。


無意識にしてしまっていることを直すことはかなり難しいです。

 

筋緊張性頭痛の治し方

身体は回復・修復するために血液が必要です。


血流が悪くなっていると治りも遅いです。


頭痛を治すためには、このサイクルから抜け出すことです。


姿勢が悪い→呼吸がしにくい→酸素不足→筋肉が硬くなる→血流が悪くなる→老廃物が溜まる→頭に血液が足りない→頭痛


1番根本的に治すのであれば姿勢からになりますが、


簡単な所からだと筋肉の緊張をゆるめることです。


マッサージでゆるめても良いですし、温めたりして血流を良くするのも良いですし、ストレッチするのも良いことです。


頭痛薬を飲むこともありますが、どうしても我慢できないときだけにしましょう。


常に頭痛薬を飲んでいると薬の副作用で交感神経の働きを良くする、

 

つまり筋肉の緊張を強くする作用があるため頭痛が治りにくくなり慢性化してしまいます。

 

筋緊張性頭痛の予防方法

適度にストレッチをしたり、同じ姿勢が長く続かないように体勢を変えたりすることです。


ストレスも頭痛の大きな原因なので自分なりのストレス解消法をみつけたり、

 

リラックスできる方法があると良いですね。


おすすめは、深呼吸ウォーキングです。


深呼吸でリラックスできたり、酸素を身体に取り入れることができます。


そして、ウォーキングで代謝を上げることによって血液循環が良くなります。

 

筋緊張性頭痛は、自分で意識することで十分改善可能です。


薬ばかりに頼らずに頭痛がでない身体を目指してみましょう。

 

あなたに合ったオーダーメイドのセルフケアをお伝えします。

 

ご相談はこちら