整骨院ONLINE相談

睡眠・栄養・運動で健康な身体をつくる

美容師の手のしびれなぜ多い?原因と治し方

f:id:fukuokacafe:20180126184355j:image

 

今回は、美容師の方から手のしびれについてのご相談です。


美容師の方で手のしびれで悩まれている方はすごく多いです。


手のしびれが原因でカットすることができなくなり廃業した方も少なくないでしょう。


どんなお仕事にも職業病というものがあります。


美容師の方にとって手は、大事な商売道具の一つであり職人のようなスキル経験も含まれます。


私も柔道整復師として、手を使って治療を行うので手が使えなくなると仕事ができなくなりかなり深い悩みとなります。


なので、他人事とは思えません。


今回は、なぜ美容師の方に手のしびれが多く起こるのかとしびれの原因と治し方について回答します。


同じように手のしびれがある方は参考にしてみてください。

 

相談内容

60代 女性です。


現在、夫婦で美容室を30数年間営んでおります。


ここ2.3年で右手がしびれてハサミが持てなくなってしまいました。


私がカットできなくなったせいで主人が一人でカットをしている状態で年齢的にも負担をかけてしまっているので心配です。


普段生活しているときは、あまりしびれはないのですが、カットをしているとしびれがでてきます。


ちなみに右利きです。


元々腰痛肩こり頭痛もちだったのでそれも関係しているのかもしれません。


整形外科では背骨のすきまが狭くなっていると言われ整骨院でマッサージをしてもらっています。


なかなか良くならず悩んでいます。


知り合いの美容師も手がしびれて、

 

その方はそれが原因で廃業してしまったので自分もそうなるのかなとすごく不安でいっぱいです。


私の願いとしては、あと5〜10年くらいはゆっくりでも良いので美容室を続けたいです。


なんとかして治したいと思っていますのでお力添えよろしくお願い致します。

 

回答

ご相談ありがとうございます。


〇〇さんの不安な気持ちと手のしびれを治して美容室を続けたいという想いが伝わりました。


願いが叶えられるようにご相談にお答えします。

 


美容室の方は職業柄手をたくさん使うお仕事なので手のことで悩んでいる方は多いです。


特に手の悩みとして、手のしびれ腱鞘炎手の肌荒れの3つが多いです。


腱鞘炎は、ハサミを使って繰り返しカットすることにより起こります。


手の肌荒れは、シャンプーやヘアカラーやスタイリングなどの薬品を使うことにより起こります。


手袋をつけると作業がしにくかったり、取り外しが邪魔くさくなりしない場合が多いようです。


ハンドクリームでケアしても肌荒れが追いつかないという悩みもあります。


手のしびれは、首からや肩、肘、手首のさまざまな原因で起こることがあります。


一般的には首からで頚椎ヘルニアと言われることが多いですが、

 

どこが原因なのか一つ一つ検査し明確にすることが大切です。

 

美容師さんなので、中腰の姿勢やカットのときに座ったりさまざまな姿勢をとると思います。


その中で無理な姿勢が長く続くことが一番体に負担をかけていると思います。


そして、はさみやくしを持って腕を上げている状態が長く続きます。


この姿勢がしびれがでる原因の一つではないかと考えられます。


私が臨床現場で美容師の方を診てきてもちろん頚椎ヘルニアの方も多かったですが、

 

それと同じくらい胸郭出口症候群という疾患の方も多かったです。


胸郭出口症候群とは、

f:id:fukuokacafe:20180126190755j:image

 

鎖骨付近に神経の束が集まり腕のほうに枝分かれしていくのですが、その神経や血管が圧迫されることをいいます。


これはいくつかの誘発テストがあるのでそのテストでみていくのですが、


腕をずっと上に上げている動作、


〇〇さんで言うとはさみを持っている動作で、


鎖骨付近の神経や血管への圧迫時間が長くなるとしびれが強くなります。


主に車やバイクのハンドルを握ってる姿勢や重い荷物を肩から掛けたり、重いリュックサックなどで起こります。

 


お話をお聞きしたときに、胸郭出口症候群も考えられるなと思いました。


「普段生活しているときは、あまりしびれはないのですが、カットをしているとしびれがでてきます。」


ということだったのでこういう症状の出方から


胸郭出口症候群ではないかと考えます。


さらに胸郭出口症候群には、圧迫される場所によっていくつか種類があります。


その圧迫を開放することが手のしびれ改善への近道ではないでしょうか。


治し方やストレッチなどのやり方は個別にお伝えしたいと思います。

 

 

私も手を使う仕事をしていて、

 

手を使えなくなることを想像すると〇〇さんと同じように不安になったり、悩むと思います。


なので日頃から痛みや症状がなくても身体のケアをしています。


体調管理も仕事の一つだと思っています。

 

 

身体の痛みで悩んでいるけど身近に相談できる人がいないという方は気軽にご相談ください

 

ご相談はこちら