整骨院ONLINE相談

睡眠・栄養・運動で健康な身体をつくる

肝臓の数値が高かった|放置すると危険な病気になる?その原因と肝臓の役割

f:id:fukuokacafe:20180213182258j:image

 

健康診断で肝臓の数値が高かった方は多いのではないでしょうか?


お酒の飲み過ぎで肝臓の数値が高くなったと思う方もいますが、


意外にもお酒が原因でないこともあります。

 


そのまま放置していると、


脂肪肝→肝硬変→肝臓癌


に発展するケースもあるため、未然に予防しなくてはなりません。


どんな予防をすれば良いのでしょうか?


今回は肝臓の数値が高かった方に向けて、数値が高くなる原因肝臓の役割・働きを紹介します。


決して肝臓の数値が高いまま放置しないように、この記事を参考にして予防に取り組んでくたさい。

 

 

肝臓の役割・はたらき

肝臓は、腹部の右上に位置して、右肋骨の下に収まっています。


人体の中でも最も大きな臓器で、


大きな病気があっても痛みなどはなく無症状という特徴があることから


「沈黙の臓器」といわれています。

 

 

肝臓には、主に3つのはたらきがあります。 

①代謝

人間は、食べ物からの栄養素をそのまま利用することはできません。


肝臓は、胃や腸で分解・吸収した糖・たんぱく質・脂肪を体内で利用しやすい形に変えて貯蔵します。


そして必要なときにそれらを分解してエネルギーのもととして供給します。


このはたらきを代謝といいます。


食べ過ぎや飲み過ぎによって必要以上のエネルギーを摂取すると、


代謝のはたらきが低下し、肝臓に脂肪が多く蓄積してしまいます。


肝臓に中性脂肪が過剰に溜まってしまう病気脂肪肝といいます。

 

②解毒

 

アルコールや薬や老廃物などの有害な物質を分解し、身体に不要なものを解毒します。

 

③胆汁の生成・分泌

肝臓で、脂肪の消化・吸収を助ける胆汁が作られています。


肝臓で作られた胆汁は、胆管を通り胆のうに流されます。


胆のうで濃縮され一時的に貯えられます。


そして、体内に取り入れた食物が十二指腸に到着すると胆のうから十二指腸へと流されます。

 

肝臓の数値が高くなる原因

 

f:id:fukuokacafe:20180213182343j:image


健康診断で肝臓のはたらきを調べる血液検査項目は、


ALT(GPT)AST(GOT)があります。


どちらも30 IU/L以下が基準値です。

 

 

肝臓の数値が高くなる原因として、


アルコールによるものアルコール以外のものに分けることができます。


アルコール以外の原因とは、


肥満高血圧高コレステロール糖尿病です。

 


もちろん、「食べ過ぎ」・「偏った栄養バランス」・「運動不足」が原因です。


近年、アルコール以外の原因の方が増加傾向にあります。

 

放置するとどうなるの?

肝臓の数値が高いまま放置すると、慢性肝炎脂肪肝を起こします。


そこから肝硬変に進行し、最終的には肝臓癌にまで至る可能性があります。

 

 

もし、このまま放置して病気になりたくないと思った方は、消化器内科の受診をおすすめします。


ですが肝臓に対する治療よりもまずは、


生活習慣食事習慣を改善することが大切です。

 

肝臓の数値を下げる予防方法

肥満、高血圧、高コレステロール、糖尿病を改善するために、


食事、睡眠、運動のバランスを見直すことが重要でしょう。


栄養バランスを考え偏った食事を見直す、質の良い睡眠を取る、適度な運動を心がけることです。


熟睡できていないどんな運動をすれば良いのかわからないという方は以下の記事を参考にしてください。

 

肝臓癌になる前に

肝硬変まで進行してしまうと発がん率はかなり高くなります。


肝硬変は、「不治の病」(治らない病気)として有名です。


早い段階での治療予防が大切です。


その予防が未来のあなたの身体を守っています。

 

 

健康診断での疑問や不安、正常値に戻すための対処法を知りたい方はご相談ください。

 

ご相談はこちら