整骨院ONLINE相談

睡眠・栄養・運動で健康な身体をつくる

手術では治らない!脊柱管狭窄症の原因と症状、何科を受診すべきか?

f:id:fukuokacafe:20180218234054j:image

 

腰部脊柱管狭窄症という疾患は、


腰の痛み足のしびれで整形外科を受診したことがある方は知っていることでしょう。


最近、テレビでも良く取り上げられているので年々認知度は高くなっています。

 


10分歩くたびに、休憩が必要になった


旅行はもちろんちょっとした外出もできなくなった


杖なしでは歩けない


これらは、脊柱管狭窄症で多いお悩みです。


そして、できれば手術をしたくないというのが患者さんの心理です。


その想いから腰痛専門の治療院で高額の治療費を払う方もいます。


てすが、ほとんどの方が間違いをおかしています。


「痛みを取ること=治療」ではありません。


今回は、脊柱管狭窄症について原因症状何科を受診すべきかなどを詳しく説明します。

 

 

脊柱管狭窄症とは何か?

背骨には、脳から続く脊髄神経が通るトンネルがあります。


このトンネルを脊柱管といい、脊柱管が狭くなったり圧迫されることを脊柱管狭窄症といいます。

 


骨や靭帯の変性椎間板の突出などにより起こります。


加齢による場合が多く、椎間板ヘルニアに比べると高齢の方になりやすいです。


脊柱管狭窄症の一番の特徴は、間欠性跛行(かんけつせいはこう)です。


数m歩くと症状がひどくなり、休憩するとまた歩けるようになるというものです。

 

どういう人がなりやすいか?

人によって原因はさまざまですが、脊柱管が圧迫される場合脊髄神経が腫れる場合があります。

 

脊柱管が圧迫される原因

・加齢により骨の変形や靭帯の肥厚による圧迫


・椎間板の突出による圧迫


・骨格の歪みによる圧迫


・背骨の変性による狭窄 

脊髄神経が腫れる原因

病気など何らかの原因によるもの


主に高齢者や首や腰に負荷がかかる動作を長年した方や長期間脊髄神経が圧迫され続けた方に多い。

 

どのように診断するか?

問診では、


「間欠性跛行の有無」


「症状がでるまでに歩ける距離や時間」


「腰を反らすと症状が悪化するかどうか」


「しびれの有無や出ている部位」


「筋力低下や感覚の障害の有無」など


脊柱管狭窄症の主な症状を確認致します。

 

 

画像検査では、


レントゲン検査により、腰椎の不安定性の有無骨のずれの有無骨折や側弯の有無を確認します。


MRI検査では、狭窄の有無程度を確認します。

脊柱管狭窄症の症状

 

・腰痛


・おしり痛や下肢痛


・しびれ


・間欠性跛行


・筋力低下


・感覚異常


・排尿障害

 

手術が必要な場合

手術をしなければいけないのは、


排尿・排便障害(尿漏れや尿の排出困難)を起こした時


進行する筋力低下や感覚異常が生じたときです。

 


このようなときは、早急に手術をしないと神経がダメージを受けて、手術をしても後遺症が残ってしまうことがあります。

 

生活で気をつけるべきこと

早期発見・早期治療が基本ですが、日常生活でも脊柱管狭窄症を悪化させないよう気をつける必要があります。

 

姿勢の見直し

猫背ストレートネック反り腰などは、脊柱管を圧迫する原因となります。


また、長い時間同じ姿勢同じ動作の繰り返しも気をつけましょう。

 

適度な運動

筋力低下は、負荷の増加支持不足疲労蓄積など悪循環の原因です。


症状のでない範囲で無理せずウォーキングから始めましょう。

 

十分な睡眠

人間の身体は寝ている時に自然治癒力により回復します。


自然治癒力のはたらきは、脳にあります。


脳をしっかり休めるためにも十分な睡眠ができるよう心掛けましょう。

 

食事習慣

暴飲暴食は控え栄養バランスの良い食事を心掛けましょう。


肥満にる反り腰や糖尿病による足のしびれもあるので気をつけましょう。

 

何科に受診すべきか?

上述した症状に該当する方は必ず病院に行くべきとお考えください。


脊柱管狭窄症の専門は「整形外科」です。


レントゲン・MRI検査で自分の身体の状態を把握しましょう。

 


「痛みを止める」という対処療法だと、痛みで辛い日々の繰り返しです。


根本的な改善を目指しましょう。

 

 

私は、脊柱管狭窄症で手術をした患者さんを何人もみてきました。


「手術は無事に成功しました。」は手術後必ず言われる言葉です。


ですが手術の5年後、10年後も症状が出ていない人はどれくらいだと思いますか?


手術の5年後、10年後も症状が出ていない人は、


必ず自分で体操や運動など再発防止の予防を行なっています。


手術が終わりではなく、手術後がスタートです。


手術をしたからには、再発防止を目指しましょう。

 

 

脊柱管狭窄症で手術をしようか悩んでいる方または、手術後どんな予防をすればいいのかわからない方はご相談ください。


一人一人に合った対処法をお伝えします。

 

ご相談はこちら