整骨院ONLINE相談

睡眠・栄養・運動で健康な身体をつくる

なかなか治らない親指の腱鞘炎 | 腱鞘炎とばね指の違いと治らない理由

f:id:fukuokacafe:20180219010701j:image

 

今回は親指の腱鞘炎についてのご相談です。


腱鞘炎で悩んでいる方は非常に多いです。


腱鞘炎は、数日様子をみれば治るものではなく、

 

正しい処置が行われないことによって悪化し長引いているケースがあります。


逆に腱鞘炎に対して正しい処置が行われるとちゃんと改善はします。


今回は、腱鞘炎の正しい知識の解説正しい処置の方法をお伝えします。

 

相談内容

3ヶ月くらい前から左の親指を動かすと痛みがあります。


最初はしばらく様子をみると自然に治るかなと思っていましたが治る気配がありません。


病院はなかなか時間がなく行けてないのと、

 

ネットによると湿布や痛み止め場合によっては、手術と書いてあったのも行っていない理由の一つです。


この親指の痛みは腱鞘炎なのかばね指なのかわかりません。


仕事で手作業が多く痛くて左手が使えないととても不便です。


治すためにはやはり病院に行くべきでしょうか?


こんなに長い期間治らないこととかもあるのでしょうか?


治すために自分でできることがあれば聞きたいと思い質問させてもらいました。

 

回答

3ヶ月くらい前から左親指を使うと痛みがありなかなか治らず悩んでいるということですね。

 


病院にも行ってないようですが、病院に行くことも大事です。


確かにネットの情報を真に受けると行きたくなくなる気持ちもわかります。


しかし、ネットの情報が全て正しいわけではありません。

 


腱鞘炎は、正しい処置を行わない限りなかなか痛みは取れません。


1年以上長引く方もいます。

 


ばね指は、腱鞘炎の一種です。


腱鞘炎の中にばね指があると思ってもらえると良いでしょう。


腱鞘炎は、腱部分に炎症を起こして痛みがある状態です。


ばね指は、指を曲げ伸ばしした際にカクカク引っかかりがあったり、一瞬曲がったまま伸びないといった状態のことをいいます。

 


腱鞘炎を治す一番の方法は、安静にすることです。


お仕事で手作業が多いみたいなので、親指を使う頻度が多くて傷めてしまったのと順調に治っていかないのだと思います。


ですが、お仕事されてる方にとって親指の安静は現実的に難しいです。


最低限、テーピングサポーターで保護することと、アイシングで冷やすことは必須でしょう。


ばね指でなく腱鞘炎であれば、炎症さえ抑えることができると痛みは無くなります。


まずはやるべき処置として、毎日のアイシングと、テーピングかサポーターでの親指の保護をしてみてください。

 


傷めた原因や症状がなかなか治らない理由がわかると治しやすいはずです。


炎症を長く持ち続けるとあまり良いことはありませんので、


もし心配であれば早めの受診をおすすめします。


また2週間〜1ヶ月経過をみて全く痛みが変わらなければもう一度相談してください。

 


ばね指と腱鞘炎についての原因と治し方を解説してますのて、こちらの記事をお読みください。

 

病院や治療院に行こうか迷っている方は、迷っている時間が治りを遅らせます。


どんな小さな悩みでも構いませんのでご相談ください。

 

ご相談はこちら